TOPページ > > マイケル・シャノン先生へインタビュー!

マイケル・シャノン先生へインタビュー!

マイケル・シャノン先生に今回の春のセミナーについてのインタビューを行いました♪

Q,ズバリどんな方に参加して欲しいですか?

A, プロのバレエダンサーになることも目標にしている方、またはプロになる為のトレーニングがどのようなものかを体験して自分を試してみたいという方に是非来てもらいたいです。
参加を検討される方はまだ若いので、勿論将来自分がどうなりたいかをまだはっきり決めていない方も多いと思いますが、どんな道に進むにしても今の自分自身を知ることはとても大切です。
いつも通っているお教室と違う環境で同年代の参加者と一緒にレッスンをするだけでも、普段は気が付かない自分の様々な面を発見できると思います。

Q, 担当されるバレエクラスは、主にどんな箇所にフォーカスしたクラスになりますか?(ジュニア13-15歳とシニア15-17歳のクラスでの違いなどもあれば)

A, 今回は短期間でのクラスになるので、主に参加者の弱い部分や間違って覚えてしまっている部分の直し方や、正しい方法を教える事に重点をおいてクラスを行っていきます。

ジュニアクラスでは主に身体全体のポジションや手や顔の位置など、基礎の部分がしっかりできているかを注意して見ていきます。
これらは踊りの土台になる部分であり、難しいテクニックを行う時の怪我予防にも繋がることなので非常に大切です。

シニアクラスでは、少し高度な動きを取り入れながらテクニックのレベルを高めていくことにチャレンジしていきます。
海外のバレエ学校において15-17歳の年齢であればできていなくてはならないレベルがどのようなものかも一つの基準としてクラスを進めますが、15歳以上になってくると基礎だけではなくテクニックをこなす能力も求められるようになるので、踊り全体に磨きをかける事を意識したクラスにしたいと思っています。
どちらのクラスにおいても、後日お教室でレッスンを受ける際にも活かしてもらえるよう個々の問題に沿ったアドバイスをできるだけ多く与えていきます。

Q, シニアクラスではパ・ド・ドゥクラスも含まれていますが、なぜパ・ド・ドゥクラスが大切なのでしょうか?

A, 日本にはパ・ド・ドゥクラスを設けているバレエ教室はあまりないですが、海外のバレエ学校では日常的にパ・ド・ドゥクラスを行います。
もちろんパ・ド・ドゥのテクニックを本格的に始めるのはトウシューズでしっかり踊れるようになってからですが、小さい頃からキャラクターレッスンなどでパートナーと一緒に踊ることを学び、相手を意識して踊る感覚を身につけていきます。
バレエ作品全体を通してみてもソロだけで構成されている作品はなく、プロとして踊るうえでパ・ド・ドゥのスキルは男女ともに必ず必要です。
今回のワークショップでは参加者のレベルをみながら、組み方の基本的なルールや、パートナーと一緒に踊る感覚などもテクニックと併せて教えていきます。

Q, 参加を検討されている方にメッセージをお願いします。

A, 今回のワークショップは、アーキタンツ・トレーニング・プログラム同様 ”インターナショナル・バレエ・システム”をベースにしたクラスになるので、ぜひ実際に体験してみて下さい。
一口にバレエと言っても、基礎として昔から変わらず大切な部分と、時代に合せて変化させていく必要がある部分など、様々な面があります。
クラスの中から自分にとって有効だと思う知識を一つでも多く持ち帰り、日々のレッスンに活かすことでレベルアップへ繋げてもらえると嬉しいです。

ボリショイ・バレエ団をはじめ、海外の超有名バレエ団でプリンシパルを務め、現役引退後はバレエ学校の校長も務めたバレエの超スペシャリストであるマイケル先生に直接学べるチャンスをお見逃しなく!
世界に羽ばたきたい子はもちろん、もっと自分を磨き上げたい、スキルアップしたい子はぜひぜひご参加ください♪

▼アーキタンツ・トレーニングプログラム 春セミナーのページへ戻る

【マイケル・シャノン プロフィール】

アメリカ人初のボリショイバレエアカデミー卒業生。ボリショイ・バレエ団、バーミンガム・ロイヤル・バレエ、ウィーン国立バレエ団、 ハンガリー国立歌劇バレエ団、 クレムリン宮殿バレエにてプリンシパルダンサーを務める。
2006年、グリニッジ・バレエ・アカデミーの共同創立者として学部長に就任。
2010年~2014年、アントワープ・ロイヤル・バレエ学校芸術監督。
長年に渡りYAGP(ユース・アメリカ・グランプリ)やジャクソン国際バレエコンクール等へ出場する生徒の指導及び引率を担い、多くの生徒を受賞へと導いた。
過去に、YAGP(パリ大会)、セルジュ・リファール国際バレエコンクール、かわさき全国バレエコンクール、伊達クラシックバレエコンペティション、NBA全国バレエコンクール、九州国際ダンスコンペティション、パシフィック・インターナショナル・バレエコンペティションなどで審査員を努める。

【silvia michael shannon】

【Royal Ballet School Antwerp . Artistic Director Michael Shannon】

【Laetitia Hurtado – Pas de deux avec Michael Shannon】

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。