TOPページ > インタビュー > 東京シティ・バレエ団への入団

インタビュー

東京シティ・バレエ団 坂本麻実さん

東京シティ・バレエ団に入団して5年、数々の公演で重要な役柄を踊り、その美しいプロポーションと豊かな表現力で注目を集め、着実にキャリアを積み重ねている坂本麻実さん。
どんな子ども時代を過ごし、どんなダンサー生活を送っているのか、そのバレエ・ライフについてお話をうかがいました。

実際プロになられて、バレエへの取り組み方は変わりましたか?

意識は変わりました。お客さんはわざわざお金を出してチケットを買って、時間をさいて来てくださるわけですから、責任感が芽生えます。だから、毎日のレッスンへの取り組み方も変わっていったと思います

──毎日のレッスンはバレエ・ダンサーには欠かせませんね。

毎日レッスンしないと、身体はなまってしまいますから。毎日、午前中に始まるクラスに出て、午後は1時半からリハーサル。それがだいたい4時半くらいまで。その後、他のお稽古場に行ったり、別の舞台のリハーサルに出ることも。体力ですか? 自信ありますっ(笑)!! たまに、太らないように気をつけて食べる量を減らす人もいますが、私はそれではもちません。たくさん食べればいい、というわけではありませんが、常に、体力が落ちないように、気をつけています。最近は少し栄養のバランスも気をつけていますね

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。