TOPページ > インタビュー > 東京シティ・バレエ団 坂本麻実さん

インタビュー

東京シティ・バレエ団 坂本麻実さん

テレビからの音楽にあわせて踊っていたらしいんです

東京シティ・バレエ団に入団して5年、数々の公演で重要な役柄を踊り、その美しいプロポーションと豊かな表現力で注目を集め、着実にキャリアを積み重ねている坂本麻実さん。
どんな子ども時代を過ごし、どんなダンサー生活を送っているのか、そのバレエ・ライフについてお話をうかがいました。

──バレエを習い始めた頃のことを教えてください。

「小さい頃は、テレビから音楽が聞こえてくると、それにあわせて踊っていたらしいんです。母も小さいときに少しだけバレエをやっていたようで、私にも習わせてみようかな、と思ったそうです。それでバレエ教室に連れて行ってもらったら、バレエが大好きになりました!」

──プロのダンサーになろうと意識し始めたのは?

「中学を卒業する頃です。高校受験を考えたとき、バレエが授業にある高校があると知って、私もそういうところに行きたい、と強く思ったんです。そのとき、私はバレエをやりたいんだな、やめられないんだな、ということがよくわかりましたね」

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。