TOPページ > イベント情報 > 「Who am I」 – 月灯りの移動劇場

イベント情報

「Who am I」 – 月灯りの移動劇場

月灯りの移動劇場主宰 浅井信好とSPAC俳優 布施安寿香が共同演出に加え、「今を生きる中高生の少女達」とともに作られる劇空間は見るものを温かく、私達が既に持っているもの – それは日常にあるはずで見落としがちな現実や力 – を思い出させてくれるのではと感じています。

月灯りの移動劇場「Who am I」主宰 浅井信好インタビュー映像とそこに映りだされている創作現場の美しいプロモーション動画と共に少しだけその世界に触れてみましょう!

【月灯りの移動劇場とは】
パリを拠点に活動してきた浅井信好と奥野衆英によって、2015年に名古屋で創設されたフィジカルシアターカンパニー。「ものづくり+舞台芸術」をテーマに創作拠点である中川運河近郊の町工場や事業者そして、国内外で活動をする建築家、美術家、音楽家、ダンサー、俳優などとコラボレーションを行いながら、ミヒャエル・エンデ著「はてしない物語」を作品の題材として、様々な作品を創作。

https://tsukiakari-theater.jp

浅井信好(主宰・演出・美術・振付・舞踏家)
愛知県出身。1997年よりストリートダンスを開始し、SMAP やサカナクション などのミュージックビデオやコンサートの振付を担当。その他に「嫌われ松子の一生」 (主演:中谷美紀 )、「バブルへGO」 (主演:広末涼子 )などの映画やCMの振付も多数行う。2006年~2011年までパリ市立劇場 を創作拠点とする山海塾 に所属する傍ら、2010年にはポーラ美術財団在外研修員としてベルリンで活動を行う。2011年から文化庁新進芸術家海外研修制度在外研修員としてイスラエルのバットシェバ舞踏団 へ派遣、その他、Clipa Theater やMaria Kong といったダンスカンパニーでも活動。2009年よりソロ作品を年2作品ペースで世界各国の劇場やフェスティバルとの共同製作にて発表し、若手現代美術家にとって最高峰と言われるアルテ・ラグナ国際アートアワード 2012(ベネツィア)において、日本人初となる特別賞を受賞。 ファッションブランド(NIKE 、Levis 、CHARRIOL、individualsentiments、Cote et Ciel、PIGALLE等)への作品提供や東信 (フラワーアーティスト)、山本基 (現代美術家)とのコラボレーション作品なども国内外で発表。その他にも、ダミアン・ジャレ +名和晃平 『VESSEL』、ダレン・ジョンストン 『Zero Point』、ナセラ・ベラザ 『La Travers』、Phantom Linb Company『Falling out』らの作品にダンサーとして世界ツアーに参加。これまでに35ヶ国150都市以上で公演や展覧会を行っている。その他、画家黒田アキと作曲家渋谷慶一郎 とパリオペラ座バレエ団 エトワールのジェレミー・ベランガールとともに、パリのサブロン劇場にて『COSMOGARDEN10』を発表。 国内では名古屋を創作拠点に移動式の野外劇場を使った《月灯りの移動劇場》を主宰。 2017年より、コンテンポラリーダンスのプラットフォーム「ダンスハウス黄金4422」の代表を務める。 現在、名古屋市 の魅力を伝える「名古屋観光文化交流特命大使」を名古屋市から委嘱される。

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。