TOPページ > イベント情報 > 2018/11/23~12/25『薄井憲二バレエ・コレクション特別展 The Essence of Beauty バレエ-究極の美を求めて-』

イベント情報

2018/11/23~12/25『薄井憲二バレエ・コレクション特別展 The Essence of Beauty バレエ-究極の美を求めて-』

イタリアで生まれ、フランスで育まれ、ロシアで花開き、世界中に広まったといわれるバレエ。
日本では、1922(大正11)年、横浜に舞いおりた世紀のプリマ アンナ・パヴロワの『瀕死の白鳥』が感動と衝撃を与え、バレエブームが起こります。1925(大正14)年、エリアナ・パヴロバが鎌倉七里ガ浜に初めてのバレエ学校を開校、また、オリガ・サファイアによって本格的なメソッドが確立されるなど、現在の日本バレエの礎を築きました。服装の主流が和装から洋装に変化したこの時代、日本女性が求める「美」にも同時に変化が起こり、脚やデコルテなど、これまで見せることのなかった部分をいかに美しく見せるかに関心が高まり、身体のラインや動作美についても、化粧やファッションと同様に婦人誌で大きく取り上げられるようになりました。そして現代も、究極の「美」の象徴としてバレリーナは女性の永遠の憧れとなっています。
本展では、日本バレエ協会前会長薄井憲二(1924-2017)が収集した世界でも有数の規模を誇る「薄井憲二バレエ・コレクション」の中から、バレエ史・美術・三大バレエをテーマに、ダンサーたちの自筆の手紙や写真、公演プログラム、美術的価値の高いアンティークプリント、ポスター、文献資料など約300点を選び、併せて鎌倉市所蔵のエリアナ・パヴロバの遺品、牧阿佐美バレヱ団衣装約30点、東京シティ・バレエ団の復元公演で注目を集めた藤田嗣治の『白鳥の湖』舞台美術資料(草案模写・舞台美術家堀尾幸男氏の舞台模型)、アンナ・パヴロワの貴重映像などを展示いたします。

【開催概要】

■展覧会名:『薄井憲二バレエ・コレクション特別展 The Essence of Beauty バレエー究極の美を求めて―』

■会期:2018年11月23日(金・祝)〜12月25日(火)[会期中無休]

■開館時間:午前10時~午後8時(最終入館は閉館の30分前まで)

■会場:そごう美術館(そごう横浜店6階・橫浜駅東口)
住所:神神奈川県横浜市西区高島2-18-1
Tel:045-465-5515

■入館料:大人1,000(800)円、大学・高校生800(600)円、中学生以下無料 消費税含む。
*( )内は、前売および20名さま以上の団体料金、ミレニアム/クラブ・オンカードをお持ちの方。
*障がい者手帳各種をお持ちの方、およびご同伴者1名さまは無料でご入館いただけます。
*前売券は、そごう美術館またはセブン-イレブン、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにてお取扱い。
展覧会オリジナルグッズ付特別鑑賞券 1,300円(数量限定:初日より会場にて販売)
*バレエ語辞典(誠文堂新光社)で大人気のイラストレーター丸山裕子の描き下ろしバレエイラストキーリング

■会場構成
【Ⅰバレエを知る】 ●薄井憲二バレエ・コレクション ●歴史 ●美術
【Ⅱバレエを観る】 ●チャイコフスキー三大バレエ
【Ⅲバレエを踊る】 ●トゥシューズの秘密 ●舞台の秘密

もっと成長したい女の子のための栄養サポート

「朝ごはんと一緒に飲んでいます」

体重を気にして食事が少なめになってしまいがちなので、
カルシウムグラノーラで栄養補給しています。(岡庭花和)

■主 催:そごう美術館
■後 援:神奈川県教育委員会、横浜市教育委員会、横浜アーツフェスティバル実行委員会、公益社団法人日本バレエ協会
■特別協力:兵庫県、兵庫県立芸術文化センター、牧阿佐美バレヱ団、
■協 力:鎌倉市、エリェナ パァヴロヴァ顕彰会、京都バレエ団、K-BALLET、東京シティ・バレエ団、㈱アテール、Angelic Charm、㈱銀座ヨシノヤ、チャコット㈱
■協 賛:洗足学園音楽大学、㈱そごう・西武
■監 修:関典子(舞踊家、神戸大学大学院准教授、薄井憲二バレエ・コレクション・キュレーター)川島京子(早稲田大学講師、東京藝術大学講師、早稲田大学演劇博物館招聘研究員)

【本件に関するお問合せ】
そごう美術館
Tel:045-465-5515

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。