TOPページ > イベント情報 > 集中トライアル+ショーイング by 青木尚哉GWP

イベント情報

集中トライアル+ショーイング by 青木尚哉GWP


青木尚哉グループワークプロジェクト「atlas」より

身体感覚は「意識」の持ち方により大きく変化します。
では、なにをどう意識したら良いのか?

青木尚哉グループワークプロジェクトでリサーチを重ねた「ポイントワーク」は、身体に40か所のポイントを定め番号をつけます。そうすることで「意識」と「位置(ポジション)」が結びつき、身体と空間の「関係」を知ることができます。またそれを知る者同士は、「コミュニケーション」も計りやすくなります。身体感覚の「共有」は、ダンスに新たな大きな変化をもたらします。加えて、今年10月に発表された青木尚哉の新作「atlas」のダンスマテリアルを基に、研ぎ澄まされた身体での「ショーイング」を予定しています。

舞踊のもつ創造性は、もっとも身近な身体を見つめることから始まると考えています。(青木尚哉) 

【日程】  1月21日~3月16日(8週間)
【時間】  月水金:15:00〜19:00 
       火 :10:00〜14:30
【場所】  スタジオアーキタンツ(田町)、渋谷、他
【定員】  10名程度
【参加資格】16歳以上
【お問い合わせ】特設ページはこちらからどうぞ!

【青木尚哉グループワークプロジェクトとは】

2017年4月に発足。共通の身体トレーニングを通して「身体と舞踊の関わり」について追求するグループとして活動。同時代を生きながらも、世代間で「身体」に対する意識の違いがあることに着目し、異なる世代を対象にリサーチを行う他、表現活動だけでなく、「社会の中で舞踊をどう活用できるか?」の模索や、様々な状況で置き去りにされている「身体への注目」を高める活動をしている。2018年6月に、城崎国際アートセンターにレジデンス。滞在中、計5時間を越える「集約しないパフォーマンス」を行う。2018年10月「atlas」を発表。他、コンサート、映画、演劇などの別ジャンルとの交流、地域イベント、小学校でのワークショップなど活動の幅を広げている。

【活動内容】
青木尚哉 身体論「ポイントワーク」、基礎メソッドの習得        
中谷広貴 ボディーコンディショニンング
青木尚哉のアシスタント、他、臨時講師によるワークショップetc









【青木尚哉プロフィール】

16才よりダンスを始め、ジャズダンス、クラシックバレエ、モダンダンスの基礎を学ぶ。
加えてボディーワークを学び、身体の構造に対する知を深め、自身のメソッド「ポイントワーク」を開発。
全国各地でのワークショップを展開。指導ほか作品を多数提供している。
近年は一般的な社会における「ダンスの活用」について視野を広げ、小学校への派遣授業や、地域公共ホールとのワークショップ公演なども手がける。
04~08年 Noism在籍。
2013年 JAPON dance project(本拠地:モナコ)を仲間と共同で立ち上げる。
2014年 JAPON dance project 2014「CLOUD/CROWDクラウド/クラウド」を新国立劇場にて発表。
2015年 日本バレエ協会にて「互イニ素」を発表。
2016年 JAPON dance project 2016「Move/Still」を発表。
2017年~ studio ARCHTANZ アーティスト・サポート・プログラムの対象アーティストに選出される。

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。