TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > プリエが硬いのは こっちが固まってるかも・・・

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

プリエが硬いのは こっちが固まってるかも・・・

プリエが硬いのは こっちが固まってるかも・・・

柔らかいプリエ

ひざを柔らかく使うことは

踊るためにはとても大切ですよね

 

大事なプリエが硬くなってしまう

ストップがかかってしまうとしたら

それはひざではなく こっちが固まってるかも・・・

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

しなやかなな動きにも

すばやい切り返しにも

ジャンプやターンのためにも

柔らかいひざ 大事です

 

やわらかく深く曲げたいと思っているのに

うまくいかないとしたら

ここを思い出しましょう

 

 

それは・・・

 

足首!

 

足首とひざは(股関節もだけど)

いつも連動していますからね(^^)b

 

 

もし足首を曲げないようにして

ひざを曲げるとしたら・・・?

 

 

お尻を後ろに下ろすスクワット

あんな感じになりますね

上体は股関節で深く前傾する必要があります

 

それで無理に上体を起こしたら

ただの出っ尻!

 

身に覚えがある人もいるかもですが

このままではお尻は引っ込みません

 

 

自分では気づいていなくても

やってるつもりがなくても

足首を固めている人って多いのです

 

「私 足首が硬いんです」

 

そういう人も ただ固めてるだけかも

 

 

なぜ固めちゃうんでしょう

 

●足首の曲がる場所を勘違いしている

 

●胸が広い良い姿勢でいようとする

 

●すぐかかとが上がるように足指にのっている

 

●倒れないようにゆれを止めている

 

 

大きな理由としてはこの4つ

ほかに イスの生活に変わったこともあります

 

 

 

●足首の曲がる場所を勘違いしている

 

足首はどこで曲がるでしょうか?

 

8日の「踊る身体の骨&コツレッスン」でも

足首のことをやりますけど

勘違いがけっこうあります

 

足首はどこで曲がるでしょうか?

 

くるぶしの出っ張りの

上に近いか 下に近いか

 

どちらだと思います?

 

 

実は上の方に近いんです

 

 

曲げるときの方向も

まっすぐ親指方向って思っていませんか?

 

これもちょっと違うんです

ざっくり上から見るとこんな感じ

親指だと内に入りすぎます

 

しかも外くるぶし側が下がっていて

少し斜めなのですね

 

足首の動きの軸って とても複雑なのです

絵で見てもわかりにくいので

動いて体感した方がいいんですよね〜

 

ひざから足首にかけての連動は

股関節も含めたアウトスパイラルがわかると

「なるほど〜!」ってなりますよ(^^)b

 

 

勘違いしていた人は こちらへどうぞ☆

■踊る身体の骨&コツレッスン 足首の動き

8月8日(木)11:15〜13:45

新宿マイスタジオ

 

夏の集中WSもあります

■踊るために知っておきたい! 身体のしくみと使い方

8月11日(日)13:20〜16:40 軸と脚全体、立つこと

新宿マイスタジオ

 

 

 

●胸が広い良い姿勢でいようとする

 

「気をつけ」などのいわゆる”良い姿勢”

 

胸を張って 頭を後ろに引くので

もものつけ根は前に押されて

ひざはまっすぐ伸ばしたくなって

(ちょっと突っ張った感じで)

全体が少し弓なりになります

 

そうすると足首では何をするか?

 

ストップがかかりますよね

ゆれがあまり起きなくなります

 

足首って本当は 

立っているためのバランスをとる場所

いつでもゆれて動ける方がいいんです

 

でも 身体全体が弓なりになっていると

足首の前側が少し縮んで

通常より曲げたところでストップがかかります

これが習慣になっています

 

 

●すぐかかとが上がるように足指にのっている

 

ダンスの人は すぐにかかとが上がるように

(つま先立ちになれるように)

指側にのっておくことを指導される場合もあります

(やってることはさっきのと似てますが・・)

 

そうすると いつも足指は床を押しています

これは足首を伸ばす方の動きですよね!

 

いつもそれをやっているので

いざプリエ! 曲げて!って言われても

すぐ逆方向にいけなかったりするわけです

 

あらまぁ なんてこと!(笑)

 

 

●倒れないようにゆれを止めている

 

そもそも 人間は立って活動する動物です

だから倒れたくないんですね

 

ちゃんと立っていよう

しっかり床をつかんでおこう

 

こうした考えも足首を固めます

 

 

これらは全部ただのクセ

 

無意識のがんばりだったり

良かれと思ってやっている

ただの習慣なのです

 

でも 本当は必要ありません

気づけば やめられます

 

な〜んだ やらなくても大丈夫なんだ

その方が楽にプリエできるじゃん!

 

これをあなたにも体験して欲しいのです(^^)b

 

 

ただしポイントがあります

 

どれも足首という一番下のことだけど

頭を後ろに引くことと関係している

首の後ろを緊張させている ということ

 

ただ 足首をなんとかしようとしても

習慣はうまく変わりません

変化は上から 頭から起きていきます

 

 

そこんとこ ぜひ体験にいらしてください(^^)

 

夏の体験WS

■ダンスのための 身体を活かす使い方 

8月10日・24日(土) 13:15〜15:45

新宿マイスタジオ

 

水曜日にはグループレッスンも開催中

いつでもその身一つでお越しください

何も道具は要りません

やりたいことと好奇心だけもってきてね☆

 

■身体を活かす使い方 グループレッスン

→開催日はこちらを参照

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。