TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > 股関節がわかったら バランスが取れた♪

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

股関節がわかったら バランスが取れた♪

股関節がわかったら バランスが取れた♪

ピルエットでバランスが取れない

左右が違う

 

そんな悩みがあった方が

股関節がどこかわかっただけで

楽にバランスできちゃったのです(^^)d

 

 

これは先日のワークショップで実際にあったこと

さて なぜでしょうか?

 

彼女が思っていた股関節の場所は

手で触れる骨盤の骨あたり

この辺りでした

 

見てわかるとおり ちょっと外寄りです

 

だから 片足バランスになるときに

重心を大きく移動する必要もあったし

外側でがんばらないと立てませんでした

 

でも実際の股関節はここ

もっと内側にあります

 

そこに立てば こんな感じです

 

 

ね! これなら立てそうでしょ☆

 

ほんの少しの勘違いが

バランスを取れなくしていただけ

 

だから 股関節がわかったら

あっという間に改善しました

簡単すぎて ご本人もビックリ(笑)

 

 

踊る人は 自分の身体を知っておくと

本当に役に立つんです(^^)b

 

身体を知って踊りましょう!

8月11&12日は 身体を知るワークショップ

踊るために知っておきたい! 身体のしくみと使い方

 → 詳しくはこちら

 

ダンス初心者から指導者まで

どなたにもおすすめですよ☆

 

 

でも「解剖学」なんて難しそう・・

 

はい そんな心配は無用ですからね(^^)

 

骨や筋肉についての”知識”は

いくらでも本やネットで調べられます

 

大事なのは 身体感覚としてわかっていること

 

自分の身体のどこに関節があるか

どんなふうに動くのか

脳に正しいイメージを植えつけて

動いた感覚で学習すれば良いのです

 

「マッピング」っていいます

身体の地図ですね

 

地図は正しくて詳しいほど

確実に現地にたどり着けるでしょ

身体も同じです

 

曲がり角(関節)はどこにあって

どっちに曲がっているか(動けるか)

 

自分の身体で動いてみたり

他の人の身体に触らせてもらったり

骨格模型をみてみたり

3Dの方がイメージしやすいのです!

 

ワイワイと楽しみながら身体が学べます

 

いつもは1年かけてじっくりやりますが

夏休みは2日間で大事なポイントを

ギュッとまとめて学んじゃいます♪

 

ヨガやピラティス

エクササイズやスポーツ関係

もちろん 特に身体を使わない人も

今後のために知っておいて損はありません!

 

ケガや故障の予防にもお役立てくださいね

 

踊るために知っておきたい! 身体のしくみと使い方

8月11&12日 13:20〜16:40

新宿マイスタジオ

→ 詳しくはこちら

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。