TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > 立っているだけで太ももに力が入ってしまう・・

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

立っているだけで太ももに力が入ってしまう・・

立っているだけで太ももに力が入ってしまう・・

立っているときの太もも

硬いですか?

それとも柔らかいですか?

 

こんにちは

あなたの動きの可能性をひらく

踊るアレクサンダー・テクニーク教師

ダンス・キラメキストのさちこです

 

今日のワークショップ話 その2

 

立っているだけなのに

太ももが硬く張っている

(張りがあるのとは違うのよ!)

 

そのままの立ち方を続けていたら

太ももはもっと太くなりますよ!

 

 

太ももが硬いということは

”筋肉を使い続けている”わけです

筋肉が縮んでいるから硬いのです

 

そこにある筋肉は何でしょう?

 

 

大腿四頭筋(だいたいしとうきん)

けっこう有名ですよね

これです ↓

 

この筋肉のメインのお仕事は

「ひざを伸ばす」ことです

 

ということは・・・

ひざを伸ばそうとしているとき

太ももは力が入って硬くなります

 

多くの人は やっていますよね

しかも ひざを後ろに押すことで

ひざを伸ばそうとしていませんか?

これは一番やばいです

 

ひざを後ろに押して突っ張ると

バランスとして もものつけ根

股関節は前に押されます

 

ということは・・・

つけ根をまっすぐにして

骨盤を立てておこうなんて考えると

つけ根を前に押したくなって

やっぱりひざも突っ張りますね

太ももも硬くなります

 

もしかしたら 良い姿勢にしようとして

頭を後ろに引き上げたり

胸を張って背中を伸ばしたり

そんなことをしているかもしれません

 

これもやっぱりバランスとして

つけ根が前に押されて

ひざは後ろに突っ張ることになります

太ももは力が入って硬くなります

 

 

こういういろいろな考えが

あなたの太ももを硬くしていきます

そしてパンパンに太らせます!

きゃ〜〜!!!

 

 

わざとつけ根を前に押して立ってみましょう

太ももに力が入って硬くなりますね

ひざは突っ張って

少し背中が反って

頭はやや後ろにあると思います

 

まず 首の後ろから背中が長くなるように

頭のてっぺんを前へ上へと起こします

頭が高いところにあるままで

少しずつつけ根(股関節)を後ろに引きましょう

すると太ももの力が抜けて楽になりますね

その脚の上に頭・胴体をのせて立ちましょう

 

手でさわってみると ももは柔らかくなっていますね

ひざも突っ張っていません

つけ根もゆるんでいます

 

すぐに脚が動かせる状態になりました!

これなら踊りやすいです

 

 

「ももの力が抜けているか確認して」

 

そう言われて脚を振って動かす人が多いですが

それは太ももの筋肉を使っているので

力を入れていますよ(^^;

確認は 手で揺らしてくださいね☆

 

 

■身体を活かす使い方 アレクサンダー・テクニーク

第2&4水曜 14:15〜15:45

毎週水曜 19:15〜20:45

→ ご予約&詳細

 

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。