TOPページ > BALLOGS > バレエダンサーさんの治療院 > バレエで「前ももを使わない」の意味

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

バレエで「前ももを使わない」の意味

バレエで「前ももを使わない」の意味

こんにちは。島田です。

バレエ教室で「前ももを使わない!」ってアドバイス聞いたことありませんか?

そして、そこを意識しすぎて、ちょっとでも前ももに力が入ったら「あ、前ももに力が入ったからもうダメだ」と思ったことありませんか?^^;

実は、この前ももを使わないには、裏の意味があります。
これを知ることで、バレエで「前ももを使わない」の意味を理解しやすくなるはずです。

どこを意識すれば前ももをうまく使えるか、参考にしてみてください。

前ももの筋肉ってどこ?
前ももを使わないの誤解と本当の意味
前ももの使い方を改善するために意識したい3つのポイント
まとめ

 

前ももの筋肉ってどこ?

いわゆる前ももの筋肉とは、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)のことです。

大腿直筋(だいたいちょっきん)
内側広筋(ないそくこうきん)
外側広筋(がいそくこうきん)
中間広筋(ちゅうかんこうきん)
の4つの筋肉をまとめたもの。

膝を伸ばす筋肉なんですが、単純に膝を伸ばすだけでないのが問題なんですね。

骨盤から始まる大腿直筋が、股関節の屈曲(足を前に上げる動き)も同時に行うため、四頭筋が縮んだままだと途中で膝が曲がってしまいます。

足を前に上げようとして、膝が曲がってしまった経験あるかもしれません。
…かといって、まったく前ももを使わずに膝を伸ばしたり、足を上げたりするのは難しいです。

 

前ももを使わないの誤解と本当の意味

「前ももを使わないで」というアドバイスですが、これには意味があります。

よくある誤解
大腿四頭筋をまったく使わない

と思っている人が多いですが、大腿四頭筋を使わないわけじゃないんですね。

本当の意味
大腿四頭筋の使い方がよくない、固めてる

言い換えると、 ハムストリングスと大腿四頭筋のバランスがとれていない ということです。

ハムストリングスを使えていれば、前ももを固めすぎないで使えます。
大腿四頭筋だけで頑張ると、ハムストリングスが弱くなるので、お尻が落ちやすくなってしまい、軸足の膝が曲がりやすくなります。

 

前ももの使い方を改善するために意識したい3つのポイント

前ももを固めず、ハムストリングスと一緒に使いたいですよね。
そんなときは、次の3つのポイントを意識しながらバーレッスンに臨むと、フロアに出てからの前ももの過度な緊張を抑えることができます。

【1】骨盤を正しい位置で使う
【2】腰椎を伸ばす
【3】股関節からのターンアウト

それぞれについて簡単に説明すると…

【1】骨盤を正しい位置で使う
「骨盤の『正しい』位置って…、何が正しいのか迷う(~_~;」と思うかもしれません。

ここで、骨盤を正しくしようとすると、腰を反ったり、お尻を下げようとしたりしたくなります。でも、これはいわゆる反り腰・出っ尻・タックインという状態で、あまりよろしくありません。

もし、イメージや意識をしたいなら、立っているときに

①腰椎の前側を上に持ち上げる
②仙骨を縦にする(お尻の穴を下向きにする)

を目指してください。

こうすることで、

・腰椎がストレッチされる。
・重心線が股関節の中央から太もも真ん中、膝へ通る。
・腹筋、お尻の下、ハムストリングスの上に軽く力が入る。(必要な分だけ力がはいります)

ので、大腿四頭筋とハムストリングスを同時に使いやすくなります。

【2】腰椎を伸ばす
おへその高さを基準に、背中を上下に伸ばします。
こうすることで、腸腰筋が使いやすくなるので、前ももの筋肉の大腿直筋の頑張りすぎを防げます。

【1】の骨盤のプレースメント(正しい位置どり)ができていれば、ここは、ほぼクリアされているはずです。 骨盤はまだ難しいと思った時は【2】から進めてみてください。

【3】股関節からのターンアウト
足先を外に向けて、膝から上が前を向いた「足だけターンアウト」ではなく、膝のお皿も外側に向けた股関節からのターンアウトをすることで、前ももの筋肉の緊張を防ぐことができます。

 

まとめ

さて、いかがだったでしょうか?

今回もっとも伝えたいと思っていたことは、「前もも使わないで」が「まったく前ももに力を入れないで」ということではないということです。

よくクライアントを診ていたとき、この誤解のせいで、「前ももに力が入っちゃったから全部ダメだ」となるのがもったいなかったので^^;

意識したいポイントとして
・骨盤を正しい位置に保つ
・腰椎を伸ばす
・股関節からターンアウトする
について、お話しましたが、大事なのは、ハムストリングスと大腿四頭筋のバランスです。

もし前ももを固めて使うクセがあるなら、「ハムストリングスと一緒に使う」と思ってもらうだけでも変わってきますよ^^

>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。