TOPページ > BALLOGS > バレエダンサーさんの治療院 > あばらを締めて背中を広く使うイメージ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

あばらを締めて背中を広く使うイメージ

あばらを締めて背中を広く使うイメージ

こんにちは。島田です。

先日クライアントとお話していたときに、
「あばらを締めるイメージと背中を広く使うのが別々になっちゃってうまくいかない…」
「あばらを閉じるイメージが、私が思ってるのと教室の先生が思ってるので違ってた…」
という意見を聞きました。

そこで色々聞いてみると、意外な落とし穴が…^^;

もしかしたら、あなたもそこで引っかかってるかもしれません。

そこで今回は、あばらを締めるイメージ(+背中を広く使う)についてお話します。

バレエであばらを締めるときのイメージ

あばらが閉じにくい理由の1つ

それは人によってイメージしてることが違っているということです。

日本語って便利なので、「あばらを締める」と一言でいっても、
『腹筋を固めて使う?』
『手で横から脇を押さえつける感じ?』
『肋骨をガバッと開いたり閉じたりすること?』
と、その人なりのイメージになりますよね?

なのでアドバイス通りにやったはずなのに、上手くいかないなんてこともあります。

そしてさらに…

あばらを締めて背中を広く使うイメージ

「あばらは締めて背中は広く」と直されたりしたことありませんか?

たしかにその通りなんですが、上で述べたような状態でコレをやろうとすると、『顔や肩が前に』行ってしまいます。

あなたも、先生から脇を押さえられて直されたときに、「すんごい前重心になるな…」と思った経験ありませんか?

これは、あばらを締めるときのイメージが先生とズレてるときによく起きます。

あばらを締めるイメージ法

では、あばらを締めるときにどんなイメージをもつといいのか。

私が現場でお伝えしてて反応が良いイメージ法を1つシェアします。

あばらを締めるイメージ法1

これは、背骨と肋骨を上から見た図。
ここから

あばらを締めるイメージ法

体のなかにネジがあって、ネジを締めるイメージをしてあげてください。
そうすると、背中側は外へ、前側(肋骨)は内へ力が加わります。

これを両側でやると…

あばらを締めるイメージ法 3

このように両側から、『背中が外へあばらは内へ』の力が入ります。
なので…

あばらを締めるイメージ法 4

背中は広く使えて、あばらは締まるように使えるんですね。

まとめ

あばらを締めるといっても、横からグッと押さえつけたり、お腹を固めたりする必要はありません。

もしあなたが、あばらが開きやすいなと思ったら、体の中のネジを両側から締めてあげてください。
シンプルですが、あばらが締まって背中を広く使えますよ^^

できてるか確かめるときは足を上げたり、伸ばしたりする動き(バットマンとかタンデュ)がオススメです。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2017-12-09-18-49-27

>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
prom_bnr
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

特集

教室掲載

カルシウムグラノーラ

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。