TOPページ > BALLOGS > 腔から美を開く−バレエ・ダンスのためのセルフケア・レッスン > バロン(ballon)とダイナミック・アーチ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

バロン(ballon)とダイナミック・アーチ

バロン(ballon)とダイナミック・アーチ

ナチュラリゼーション体験2度目の生徒さんの様子を
バレエ教室の先生がご報告下さいました。

 

バロン

 

この「滞空感」のあるジャンプ
バレエではバロン(ballon)と呼ばれたりもしますが
その軽々としたジャンプに繋がったのが
ナチュラリゼーションのレッスンの中で育まれる
ダイナミック・アーチの働き。

ワークによって
26個もある足の骨が最適な並びになることにより、
足底から伝わるパワーを最大限に身体へ伝えられるような状態に
導いていくのです。
このアーチが崩れると
力が発揮できないだけでなく
関節や筋肉の損傷等にも繋がりやすく
ダンスのジャンルを問わず
パフォーマンスのアップにも
障害の予防にも

また、美しい脚のラインのためにも
大切なポイントなのではないかと思います。

 

日頃、アーチに意識が向いているような私達ですが
こうした講座や個人セッションの中で
そこに乗っていく感覚を確認して戴くと
多くの方がそのダイナミック・アーチには乗れていず
普段、感じていたアーチとは
ずいぶん働く感じが違うと驚かれたりもします。

 

また、足裏を器具を使って揉み解すようなことを
なさっている方もいらっしゃると思いますが
そこで動けるようになってくると
そのようなことをしなくても
足裏はしなやかな状態が保たれるようになってきます。

 

ダイナミック・アーチのためのワークの一部は
まつじゅん先生のブログに紹介されています。
バレリーナの為のダイナミックアーチ

 

(以下コトバンクより)
バロン(ballon)
跳躍技において,なんらの努力感なしに跳び上がり,
空中に停止するかのように見え,
再び柔軟に床に下り立つことのできる踊り手の資質をいう。

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。