TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > パラレルの足は ゆるゆる動くためかも・・

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

パラレルの足は ゆるゆる動くためかも・・

パラレルの足は ゆるゆる動くためかも・・

ダンスで立つ時の足のポジション
「パラレルとターンアウト」
この違いってなんでしょう?

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

これはあくまでも私の推論なのですけどね
 パラレルはゆるゆる動くときの足
ターンアウトは安定させる足

というもの

GWの合宿の時にやったある動きで
ふっとそう思ったのです
それは 股関節からフラットバックでの前屈
この時はヨガのイメージでパラレルでやりました
足は腰幅くらいに開いたパラレル

やりながらふと
「ターンアウトだとどう変わるだろう?」
そう思ってやってみると動きの質が変わりました
いわゆるお尻の締めでブレーキがかかるのです

パラレルでやってみると前屈がするっといく感じ
おもしろ〜い!

よく考えてみると パラレルを使うのはヨガや太極拳
コンテンポラリーダンスでも使いますかね
共通するのはゆるゆるとした流動性
ビシッと立っているとかじゃない
ふんわりした立ち方というか
揺らぎがあるような動きは
パラレルの足がいいのかも?

と思ったわけです

一緒に実験する前に 一つ確認しときましょう

そもそもパラレルって 何が平行なの?
そこんとこが曖昧ですよね
だって 足の形はかかとよりつま先の方が広い
いわゆる扇形ですから

足の内側がつま先からかかとまで
全部ついているのがパラレルでしょうか?
バレエの6番はこんな感じですよね
20160617_2048468

でも 親指はついてかかとが離れる
こういうパラレルを指示される場合もあります
ヨガなどはこちらが近いかもしれません
20160617_2048469

かかとがつくか離れるかでは感じがけっこう違います
内ももとかお尻周りの締め具合ですね

今は かかとが離れるパラレルで試しましょう

膝を正面を向けて 足を腰幅に開いて立ちます
つま先は自然に少し開きますね
このままでも もう少しつま先を開いてもいいです
ほんの少しのターンアウトで十分です
では前屈してみましょう

次はかかとが離れるパラレルです
同じように腰幅に開いて立ったら
前屈してみましょう

なんか違いますよね!
お尻の感じと 前屈の動きのスムーズさ
どっちが良いとか悪いとかではないですよ
ただ「違いがある」ということです
やりたいことに合った方を使えばいいのです(^_^)

つま先が前を向いて かかとが離れていくと
膝は正面から内側に向きを変えます
そして股関節はだんだんと内旋します

ターンアウトの逆ですね
外旋のために働くお尻側の筋肉はゆるめられます

ということで・・・
上体が前に倒れやすくなるわけです
胴体に対して脚が動きやすいし
ゆるやかに流れるような動きをしやすい
「パラレルはゆるゆる動ける足だ!」
と思ったわけです(^_^)b

もちろん お尻がゆるんでいるからって
脱力しているわけではないですよ
ただ 質が違うのです

足はいつでもターンアウト!
・・・とは限らないんですね
パラレルの指示には意味があるんだなって
あたり前だけど 今さら再認識しました
違いをわかって使い分けたいですね〜

さて 明日・明後日は関西です
19日の大阪は あと2〜3名かな

20160617_2049358

帰ってきて来週は
16日(月) 身体を活かす使い方
17日(火) 踊る身体の骨&コツレッスンマスタークラス
18日(水) 身体を活かす使い方
25日(土) テーマWS「ストレッチ」

どうぞお待ちしております!
ご予約はこちらから☆
https://reserva.be/atdanceyoyaku

HP:AT Dance 〜踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。