TOPページ > BALLOGS > バレエダンサーさんの治療院 > バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ

バレエのアンナバンはピルエット上達のカギ
e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-05-31-7-33-10

こんにちは。島田です。

あなたがピルエット得意なら読み飛ばしてください。
でも、ちょっとでもうまく回りたいなと思うなら、今回のお話はヒントになるはずです。

ピルエットが回れないときに、【顔がつかない】、【首が回らない】といった部分は意識がいくんですが、手はノーマークな人が多いです。
でも、この手の位置ひとつ変えるだけでバランス取りやすくなってピルエットしやすくなるんですね。
 
 
ピルエットで回ってるときはアンナバン(アンナヴァン)にしていると思います。
このとき、アンナバンの位置が高いと回るときに勢いがつきすぎてダブルに入れません
逆に、位置が低いと回転不足で途中で降りちゃいます
 
 
「手の位置が重要なのはわかったけどどうすれば…^^;」って思いますよね?
アンナバンの手の位置を、自分でもチェックできる簡単な方法があります。
それは…
 

アンナバンの状態で、手を上下に動かす

 
普通に立ってる状態でいいので、アンナバンにして手を上下に動かしてみてください。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-05-31-7-09-37
このとき、手が軽くなる位置が、あなたのアンナバンの位置です。
これは、腕が背中から使えてる状態です。
それ以外は、腕で手の位置を支えています。
つまり、腕が重りになって、首の根元にぶら下がってる状態です。

重心がズレるので、

・バランスがとりづらい
・肩が上がる
・顔がつかない

といった問題がでてきます。

 

あなたの手の位置はそこで良いですか?

 
ふだん、何気なくやってるアンナバン。
でも、間違ったところに手を伸ばすと、手が背中にぶら下がる感じになって、重心がズレます。
ピルエット回るどころかバランスがとれません。

自分の手が軽くなる位置を見つけて、そこに乗せてみる感じにすると今までより軽く回れることに気づきますよ^^

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。