TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > ジャンプが上手くいかないとき

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

ジャンプが上手くいかないとき

ジャンプが上手くいかないとき

シンプルな ただ上に跳ぶジャンプ
なのに 頭がピョコピョコ
お尻が出ちゃったり
跳んでいるうちにあっちこっち移動したり・・・

そんなあなたは
すっとルルヴェでバランスできますか?

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

週末のテーマWSは「気持ちよくジャンプ!」なので
自分でもジャンプの探求を続けています

ジャンプを邪魔しているものはいろいろあります
その1番根本にあるのが「跳ぼう」とすることであり
跳ぶことに対するいろいろな思いです
20160524_2026694_t

だって ジャンプっていうのは
ちょっと”
特別感”があるじゃないですか!
ターンもそうですけどね
だから すご〜〜く何かをしたくなります

ほかにも
無意識にとっている姿勢であったり動きの習慣
使いたい身体に対する感違いなど
ジャンプを邪魔する要素はいろいろあります

てことで・・・
立って ほんの少し膝をゆるめたところから
スッとルルヴェに立ってバランスしていられるでしょうか?

(かかとを上げて立つことね)

もしこれが上手くいかないとしたら
ジャンプもスムーズにはいかないでしょうね

シンプルに上に跳ぶジャンプ
これは ルルヴェの延長線上にあります

かかとが上がる動きの速さや強さが変わるだけですね

「かかとが上がる動き」
これは足の仕事です

足の上にのっている全てのものは
かかとが上がることで 一緒に持ち上がっているだけで

頭や胸がそれを助けようとして
身体を引っ張りあげたりはしません

する必要がありません!

上手くいかないときはたぶん
頭が 上じゃない方に引っ張ろうとしていたり
胸や股関節が 足より先に上がろうとしています
これは足の仕事の助けにはなりません

ルルヴェするだけでも何かをやっているとしたら
ジャンプなんて もっといろいろやりたくなりますよね!

ということで・・
まず「跳ぶ」ということは忘れましょう(^_^)b

そして ただ立ちます
首が楽で 頭がふわふわっと自由で自分の全部がついてきて
ただ電車を待っているように立っています
周りが見えていて
自分の後ろにも世界があることを知っていて
頭の上にも空間が広がっていることを知っています
動かしたかったら足を移動して
かかとをつけて つま先を開いてもいいです
腕・・?
どこでもいいですが 自由にしといてください

頭の高さや 周りに気づきながら
股関節・膝・足首を少しゆるめましょう
さらに膝を曲げていきます

さぁ次はここから跳びます いいですか!
・・・って思うと
なんか身体がざわざわして 何かやりたくなりませんか

じゃあ跳ぶことは忘れましょう(^_^)b

まだ跳ぶかどうかわかりません
ただ膝を曲げています
頭の高さや周りに気づきながら
曲げた膝を すっと伸ばしながらかかとを上げて
足首も伸ばしましょう

ルルヴェになりましたか?
もしかして ちょっと床から足が浮いたかもですね
それ ジャンプです(^_^)
大きなジャンプはその延長線上にあります

う〜ん 読んだだけではわからない!
という方は 週末のワークショップへどうぞ(^_^)

【テーマWS 気持ちよくジャンプ!】
5月28日(土) 12:15〜14:45
新宿マイスタジオ 5C

→ ご予約はこちらからどうぞ!

もちろん月曜・水曜のレッスンでもできますよ

【ダンスがもっと上手くなる! 身体を活かす使い方】
5月25日・6月8日(水) 14:15〜15:45
5月30日・6月13日(月) 19:15〜20:45
6月6日(月) 16:15〜17:45
新宿マイスタジオ 6C

→ ご予約はこちらからどうぞ!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。