TOPページ > BALLOGS > バレエダンサーさんの治療院 > アラベスクでもっと足を上げるコツ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

アラベスクでもっと足を上げるコツ

アラベスクでもっと足を上げるコツ
e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-03-13-7-41-30

こんにちは。島田です。

「アラベスクで足が上がらない…」
「アラベスクでもっと足を上げたい…」
「アラベスクで小指をもっと上に持っていきたい…」

あなたもこんな悩みがあるかもしれませんね。

まず押さえておかないといけないのは、
 

アラベスクで足が上がらないのは『足を上げようとするから』

 
足を『上げよう』とすると腰がつまりやすいです。実際には『伸ばす』んですね。
 
 
まずは体を引き上げます。
軸足でしっかり床を押します。
そこから動足をターンアウトしながら伸ばしていくと上がっていきます。
 
 
これが基本ですが、しっかり引き上げる、ターンアウトをしっかりする…のはもうやっていると思います。
なので、今回は見落としがちで即効性がある方を紹介します。
 

アラベスクで足をもっと上げるコツ

 
それは、
手をピンと張る(指先までしっかり伸ばす)
ってことです。

(第1)アラベスクの基本の手の位置は
・軸足が前
・動足が横
ですよね。

これは、この方が軸足は床を押しやすく、動足は股関節を開きやすいから。

そこから指先まで伸ばしていくと、足の指も伸びやすくなります。コレ、比べればすぐにわかります。きちんとアンドゥオールした手でしっかり指先まで伸ばせば足が高くなっているはずです。
e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2016-03-14-6-51-37

「手先まで意識もって」は飾りじゃない

 
先生から「手先まで意識をもって」ってアドバイスは耳タコくらい聞いてるかもしれません。アラベスクはバランスがとりづらいので、足が気になって、手までなかなか意識が回らなかったりしますよね。

引き上げやターンアウトは技術的な部分なので時間が必要ですが、この指先まで使うは一瞬でできます。指、伸ばすだけですから^^;手は足より使い慣れてる分わかりやすいはずです。

足を高く上げたいなら、この『手先まで意識をもって伸ばす』ことが近道かもしれませんよ。

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。