TOPページ > BALLOGS > Kayano Ballet Blog > 舞台をもっと見て欲しい、のツレヅレ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「バレエTV」なら今すぐ上達! 「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

舞台をもっと見て欲しい、のツレヅレ

舞台をもっと見て欲しい、のツレヅレ

2月の20日になりました。
あぁ、本当に2月は早い。

昨日は久しぶりにNoismの舞台を観てきました。
去年の神奈川の公演でご一緒した石原悠子ちゃん、とても素敵でした(*^_^*)
http://noism.jp/carmen2016/index.html

私自身、最近は殆ど「これは行こう!」と思うものしか観に行けないけれど
観に行くたびに、「良いなぁ、皆頑張ってるなぁ」と。
今月末は、上野の森美術館で友人が主催するパフォーマンスを観ます。
【kimono×dance もののあはれ】
http://kimonodancem.wix.com/kimonodance
やはり劇場と言うのは特別な空間です。

+++++
私の初舞台は、保育園のお遊戯会での司会進行役(今でいう、MCみたいなの)でした。
演技をしていた訳ではないけど、人前に出る快感のようなものを
その時に味わい、その後はピアノの発表会に続き
バレエはもっと後だけど、人前に出ることは小さい頃からやってた、みたいな。

そういう会だと『上手だから観に行く】のではなく
”我が子が出るから”とか、”お友達の〇〇ちゃんが出るから”で、いわゆる応援の気持ちで行きますね。
世の中のあちこちで行われている舞台も、ざっくばらんに言うと
まずはそういう感覚で観て良いと思うのです^^

高いお金を払って観る舞台に関しては、また意味合いが違ってきますが
その対価を評価するのは【観た後】しか分かりません。
「失敗・・・」か「良かった!」しか無いし。
でも劇場に行くことそのものが、既に「私は楽しみますよ~。」と言う行為を表わしている。

なので、出る側は来てくれる方をガッカリさせちゃ、いけないのです。
良い意味での「期待を裏切る」のは、どんどん有って良いと思ってますが。

”舞台”と言う言葉の前に”人生の”と付けると
【その人それぞれの人生】と言う意味になります。
人生の舞台を降りた、と言うのは【人生を終えた=亡くなった】と言う意味。

自分の人生を愉しむためにも、沢山の舞台を観たほうが心の栄養になるし
生き方の参考にもなりますよね^^

436_496550683716244_404078704_n
私がとーーっても好きな、上野東京文化会館の舞台から観た客席。
3月はココにまた立てる! それだけで嬉しい(単純)(*^_^*)

今日もスタジオで、お待ちしています。

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>今すぐ上達!バレエレッスン動画はこちらから!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

「バレエTV」なら今すぐ上達!

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。