TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > ボリショイシネマ「じゃじゃ馬ならし」

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「バレエTV」なら今すぐ上達! 「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

ボリショイシネマ「じゃじゃ馬ならし」

ボリショイシネマ「じゃじゃ馬ならし」

インフルエンザが流行中のようですが
お変わりありませんか?

私? 私はまだなったことがないんですよ~
ウイルスが逃げていっちゃうみたいです(笑)

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

先日 ボリショイバレエ in シネマ
「じゃじゃ馬ならし」を観てきました
作品としては初めて観ます(クランコ版は観てない)
20160220_1934973_t

原作は有名なシェイクスピアの喜劇
振付けは私の好きなマイヨーです(^^♪
トロカデロじゃない方のモンテカルロバレエの人ね
マイヨー作品をボリショイが踊るというのに興味津々!

全体の構成はさすがマイヨーで
長いお話をすっきりコンパクトにまとめて
人間関係もわかりやすく描かれていました
(一応原作のストーリーは予習したけど)

登場人物のキャラがめちゃくちゃ立っていて
ダンサー一人一人の演技力も素晴らしかったです
なんといっても ペトルーキオ役のラントラートフが
超俺サマで 超ツンデレ(笑)
これは 今どきの恋愛ゲームのキャラでいったら
相当にポイント高いですよ~!

彼に調教されつつ 最後は実は彼を手のひらで転がしてる?
じゃじゃ馬な姉のカタリーナ役 クサノワが
これまた良い味でした(^_^)

彼女はコンテンポラリーが踊れるダンサーですね
とても上半身がしなやかに動いていて
全体の自由度が高かったです
男性ダンサーたちの間をゴムまりのように
ポンポンと行ったり来たりするような動きも
自然に無理なく踊っていました

美貌の妹役のスミルノワの方は いわゆる”バレエ的な”背中なので
反る方は得意だけど 丸くなる方はイマイチ

現代作品は 古典のように胴体を四角く保つような
カッチリした振りではないし
リフト系もややアクロバティックになったりするので
全体のしなやかな協調が欠かせません

日本のお稽古ごとのバレエは古典中心なので
どうしても「バレエっぽい身体」になろうとしますが
世界で活躍するバレエダンサーたちは
しなやかで動ける身体をしていると思うのですよ(^_^)b

HP:AT Dance ~踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>今すぐ上達!バレエレッスン動画はこちらから!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

「バレエTV」なら今すぐ上達!

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。