TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > バランスを移動する

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「バレエの世界に安心と安全を」バレエ安全指導者資格 「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

バランスを移動する

バランスを移動する

こんにちは、あなたの動きの可能性をひらく
踊る! 身体のコツ&骨トレーナー さちこです

今日は 元バレエダンサーのアレクサンダー・テクニーク教師
グレッグ先生のワークショップにスタッフ参加してきました
今回はヨガの方を対象としたWSです

今日のある場面で ふと気づいたことをメモっておきます
「木のポーズ」のバランスについての質問でした
ポーズはこれです(YOGA.jpより
20160110_1895372_t
ダンスの「ルティレ(パッセ)」に似たところがありますね

彼女は「左右差がある」ことを気にしていました
実際にやるところをグレッグ先生が見て言いました
「動きの戦略(プラン)に違いがあるみたいだね」

つまり やっていることが違っているというわけです
そしてどんなプランかを言葉にするように言いました
彼女の言葉は忘れてしまいましたが
「上半身」というキーワードがあったのですね
それを「全体」に変えたら バランスも変わりました

その様子を見ながら思い出したことがあります
片足軸で立つときのバランスの移動で
軸足の上に大きく身体が移動してしまい
バランスを取りにくくしている人が多くいる
のですね

ちょっと試してみてください
パラレルでもターンアウトでも 2番でも
両足から片足軸になってバランスします
足は少し浮かすだけでもいいですが
横に脚を上げる方が差が出やすいです

1:立ったところから 上半身を横に移動して
中心を軸足の上にのせてバランスする

2:立って 足から頭までのつながりを思い出してから
一番上にある頭を軸足の上にのせてバランスする

何か違いはありましたか?

上半身が移動するというときに
意識はどこにありましたか?
骨盤(あるいは丹田)かお腹でしょうか
あなたの「上半身」には 頭は含まれていましたか?

頭はあなたの大事な一部です
そして 身体の一番端は頭ですよね

それなのに忘れてはいけませんよ!

移動するのが骨盤か頭か
つまり 上半身でも一番上か下かによって
同じように軸足の上への移動をした場合でも
足元での角度が違うのですよね

20160110_1895373_t

同じように移動しているつもりでも
骨盤の方が移動角度が大きいです
そして 無意識に移動し過ぎてしまいます

頭の場合は大きく移動すると倒れてしまうので
移動し過ぎることはありません
股関節は必要なだけ動いてバランスします

ということで・・!
足から頭まで 全体のつながりを思い出して
首は楽で 頭が一番上でふわふわっと動けることに気づきながら
それに自分の全体がついていきながら
片方の足が床から離れるに従って
頭がもう片方の足の上に移動していくことを思いつつ
必要な高さまで足をあげてみましょう

言葉で読んだだけでは できているかわからない!
そんな方はどうぞレッスンでお待ちしております☆

1月17日は名古屋にもお邪魔します(^_^)
まだ若干名受け付けておりますよ

【ダンスがもっと上手くなる! 身体を活かす使い方】
1月 13日・27日 14:15~15:45
28日 19:15~20:45

テーマWS 【ターン! グラグラしないで回りたい】
1月31日 13:15~15:45

【ダンスベーシックAT】
1月25日 19:20~20:40

上記の詳細・予約はこちらからどうぞ

名古屋方面の方!
【ダンスに役立つアレクサンダー・テクニーク】
1月17日 13:30~17:30

詳しくはこちらから

HP:AT Dance ~踊る身体のコツを知る!

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>今すぐ上達!バレエレッスン動画はこちらから!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

「バレエTV」なら今すぐ上達!

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。