TOPページ > BALLOGS > イクのブログ > 小澤征爾さん、小話

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「バレエTV」なら今すぐ上達! 「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

小澤征爾さん、小話

小澤征爾さん、小話

指揮者の小澤征爾さんのオペラプロジェクトの記者会見に行っていました。

記者会見の様子はまた後ほど。
ここでは記者会見の時に聞いた、驚いた小話。
小 澤さんがまだ若かったころ、某バレエ団でバレエレッスンの際のピアニストをしていたことがあるそうです。バレエのピアニストというと、表現者というより は、バレリーナ達の「縁の下の力持ち」のような仕事です。今や世界的な指揮者の小澤さんにもそんな時があったなんて…。こんな下積み時代があったとは!
だから舞台上で歌手やダンサーの動きやタイミングを合わせて、尚且つ自分の音楽をオペラの中で表現できるのでしょうね。
これは私の持論ですが。
「指揮者と振り付け家は私とは違う世界に住んで、違うものを見て、違う音を聞いている…」
つまり、次元の違う人達です。
特に世界的に名声のある指揮者や振付家は桁外れで繊細な感覚の持ち主で、それが才能だと思っています。さらりと記者会見の場でそんなエピソードを語った小澤さん。大物は違いますね。
写真はオープン前のロームシアターの舞台上で、小澤さんを囲んで取材するプレス陣。今日は沢山の記者が来ていました。
o0480064113487483003

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>今すぐ上達!バレエレッスン動画はこちらから!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

「バレエTV」なら今すぐ上達!

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。