TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > 内股にするとお尻がゆるむのよ~

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

内股にするとお尻がゆるむのよ~

内股にするとお尻がゆるむのよ~

前回の膝の前十字靭帯損傷のお話をした際に
内股のことに少し触れました
つま先が近づいて かかと側が離れる足の置き方ですね

足を内股にすると 膝は内側を向くことになります
膝は大腿骨(だいたいこつ:ももの骨)の一方の端
反対側は股関節です
膝が内側を向くということは 股関節も内旋します
ターンアウトの反対ですね

図のように 膝が前を向いているときに
股関節は斜め後ろから骨盤にはまるような作りをしています
骨盤の横の方にグリグリっと触れる大転子(だいてんし)から
斜め前・上の方に股関節があるわけですね

20131117_876265_t
「動きの解剖学」から
(右側が膝 左側が股関節で上が大転子)

でも膝が内側を向くと 大転子は股関節の真横か前側になって
座骨から離れていくことになります

股関節は外旋しているときに 骨盤に対して安定します
骨盤と大腿骨をつなぐインナーマッスル 外旋6筋群も
その名の通りターンアウトをサポートし
大転子を座骨の方に近づけておく働きをします

ですが 内股になると股関節も内旋してしまい
外旋6筋群は十分に働くことができず 安定が悪くなります
股関節の安定が悪くなれば 上体も支えきれないし
膝も不安定になって 内側に入りやすくなるのもわかりますよね
だからこそ ジャンプの着地などのプリエは
内股になるのは危険なのです

それとね
大転子が座骨から離れるっていうのは
いわゆる「お尻が開いた」ゆるんだ状態
お尻たるたる・・ 大きくしたくないですよね~(^_^;

内股にすると ちょっと可愛い感じがするし
ももの間に隙間もできて 脚のお肉が気にならなくなって
ちょっと細くなった気分になるので
やりたくなる気持ちはわからないではないですが
膝によくない影響も起きやすいし
ひざ下の形が歪みやすいし
O脚を助長することにもつながります
そして お尻もたるたる・・・
女子の皆さん あとで後悔しても知りませんよ~

っていうと男子が油断するのですが
男子も微妙に内股で お腹が出て腰を痛める人いますからね
お気をつけくださいませ(^_^)b

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。