TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > 足首のトラブル ~三角骨障害

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

足首のトラブル ~三角骨障害

足首のトラブル ~三角骨障害

昨日書いた「距骨」のお話の ちょっと続きです
きれいな足のポイントのためには 距骨のことは大事ですよ☆

さて 「三角骨」というのを聞いたことがあるでしょうか
手首にある小さな骨の中に この名前の骨がありますが
今回話題にしたいのは 足首の方の三角骨

これは「三角骨障害」という 足のトラブルです

かかとからアキレス腱にかけての 足首の後ろ側で
痛みが起きているような場合は これが疑われます
特にルルヴェの時に痛い場合です

フレックス~! 曲げる~!って 
足首の前側をギュッと縮めて曲げたり
ポイントの時に アキレス腱側をギュッと縮めたり
力が目一杯入ったままでルルヴェアップ&ダウンしたり・・・

足首が緊張したままで動かしている時
すねの骨とかかとの骨を結ぶ筋肉が縮んでいますから
間にあるべき 動くスペースが狭くなってしまいます

スペースが狭くなると すねとかかとの骨の間にある
距骨や周辺の組織がはさまれてしまうのです

さらにルルヴェや ポワントで立つとなると
その状態で圧が高まります・・・(>_<) そして 繰り返すうちに炎症を起こしてしまうのですね 元々の距骨の形状で 突起やかけらがある人がいるようですが そこにトラブルを起こすかどうかには 使い方も影響を及ぼしていると思います 実際 手術にまでなった場合はほとんどが 疲労骨折によって骨が分離したため 痛みを引き起こしている と本にはありました  ・・「ダンステクニックとケガ」(小川正三著より) 手術、などということにならないように 足首のスペースを大事にしたいですね 先天的に距骨の後ろ側に突起があることで ポイントに制限が起きている場合もあるようです 無理やり甲を出そうとギュウギュウすることは避けたいです スペースをもって スルスルと距骨が動く範囲で ていねいに伸ばしながら 甲を出していきたいですね(^^) それとね 私たちは2本脚で立っていますが どこかで「倒れたくない」気持ちを強くもっているらしく 足首には力が入りやすいみたいですよ でも ちゃんと2本脚でOKな構造をしています だから大丈夫☆ 簡単には倒れません 自分の身体を信頼してあげましょう! 倒れそうになってから 一歩足を出せば間に合いますしね(^_^)b

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。