TOPページ > BALLOGS > 寝子ろんで縁側 …ダンスと音楽とアレクサンダーな日々… > ターンがうまくいかないとき・・・

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

ターンがうまくいかないとき・・・

ターンがうまくいかないとき・・・

「ピルエット(ターン)がうまくいかない(>_<)」 「うまくいかない」とは 例えばどんなことでしょうか 身体がよじれてバランスが崩れてしまう 後ろに倒れてしまう すぐにかかとが下りてしまう すぐトントンしちゃう(軸足がずれる)・・・ では 何が原因だと思いますか? 軸が弱い 体幹が(腹筋が)安定してない 弱い 足首が弱い ルルヴェが低い 床の押しが足りない 背中が後ろにいっちゃう 腕が邪魔しているかも・・・ なるほど・・・いろいろありますね じゃあ それを解決するためにはどうしましょうか 体幹を鍛えて軸を安定させる 足首を鍛える もっとたくさん床を押す 後ろにいかないように まっすぐ上に立つ もっと練習する・・・ なるほどなるほど・・・ 踊るためにはある程度の筋力は必要ですから 鍛えること自体はわるくありません でも 鍛えないと体幹は安定しないのか?というと 必ずしもそうではない気がします 床を押す、上に立つ、腕を振り回さない・・・ これは「回る」ときにやっていることを直そう そういう考え方ですね では 回る前 プレパレーションのときの自分については 何か気づいていますか? もしかしたらこの時点ですでに「回れない」の原因を 作ってしまっているかもしれませんよ! そのまま「しっかり床を押したら」後ろへ倒れるような 「上に立ったら」後ろに倒れるような 「腕を振ったら」サポートではなく 回転を邪魔するような 準備になっているかもしれません いえいえ もしかしたらプレパレーションの前 ただ立っている時点で もうそれが始まっているかもしれません 「回る」ができないとき 「回る」ことの中に問題を探そうとしがちですが もっと手前の方に根本の原因が隠れているのかも、です(^_^)b

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。