TOPページ > BALLOGS > アーキタンツ - ARCHITANZ > 島地保武による 【振付/即興】【反応/発信】についての特別ワークショップ

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

島地保武による 【振付/即興】【反応/発信】についての特別ワークショップ

島地保武による 【振付/即興】【反応/発信】についての特別ワークショップ




今年の長いゴールデンウィークの期間中、4/29、4/30、5/3、5/4の4日間、島地保武によるコンテンポラリーダンスの特別ワークショップを開催致します!
4月の2日間を「前半」、5月の2日間を「後半」とした二部構成とし、それぞれ違うテーマに基づいてワークショプを進行していきます。
「前半」のテーマは【振付/即興】、「後半」のテーマは【反応/発信】です。





常に独自の世界観や身体性を表現し続けている島地保武。
ダンボールをつまんだだけで、こんなに素敵な表情をされるダンサーもなかなかいないのではないでしょうか?
そんな彼の、踊りに対するアプローチの仕方や遊び心に触れる4日間。
またとない貴重な機会です!
多くの皆様のご参加をお待ちしております!

【日時】
2019年
〈前半〉
4月29日(月・祝) 17:30-20:30 @01 studio/02 studio
4月30日(火・祝) 17:30-20:30 @01 studio/02 studio
※19:00までは02 studio、19:15より01 studioとなります。人数により、通して01studioでの開催となります。

〈後半〉
5月3日(金・祝) 17:30-20:30 @01 studio/02 studio
5月4日(土・祝) 17:30-20:30 @01 studio/02 studio
※19:00までは02 studio、19:15より01 studioとなります。人数により、通して01studioでの開催となります。

【クラス内容】
〈前半・4月29日、30日〉
「振付は即興のように、即興は振付のように」踊ることを目指します。
簡単な振り付けを覚え、振付を分解していくことで動きへの理解を深め、ある一つの動きのみを選択する事で自らに制約を課します。その制約のなかでいかに動きをスピーディーに派生させるかを探求します。

・筋肉からのアプローチを使ったウォームアップ
伸ばすことで、縮む力が生まれ、絞ることで元に戻る力が生まれる。その力を推進力にする。動きに連れて行かれることを目指したウォームアップをクラスの前半に行います。

〈後半・5月3日、4日〉
「反応と発信を同時に」
人と関わることで、動きを変換させていく。簡単な振付や言葉遊びを用いながら、人と踊ることを探っていきます。
・動きの速度について、思考からのアプローチを使ったウォームアップ
速く動く事が、速く見えるではなく、思考の変換の速度がダイナミズムを生むと仮定する。身体は環境と捉え、環境から動きへの動機を見つけ出し選択していく速さを探ります。

【対象・レベル】
中学生以上。初級以上。

【受講料】
単発受講/ ¥4,500 (4月29日、5月3日のみ単発受講を承ります)
2日間受講/ ¥8,500 (2日間受講は、前半2日間or後半2日間になります)
3日間受講/ ¥13,000(組み合わせは、29日と後半2日間or前半2日間と3日になります)
4日間受講/ ¥16,000(通しての受講をオススメ致します)

※今回のワークショップは予約制となります。
スタジオアーキタンツさんのホームページよりお申込みください。
http://a-tanz.com/event/8068

【講師】





島地保武|Yasutake Shimaji
1978年長野県生まれ。
2004~06年Noism(新潟市)、2006~15年ザ・フォーサイス・カンパニー(フランクフルト)に所属。2013年に酒井はなとのユニットAltneuを結成。2014年に「NHKバレエの饗宴」に Altneuで出演。資生堂第七次椿会メンバーになりパフォーマンスに加えインスタレーション作品を展示。近年の作品には2016年愛知県芸術劇場制作での環ROYと共作共演の『ありか』、2017年アレッシオ・シルベストリンと共作共演『短い影』、谷桃子バレエ団の『Sequenza』。アーツ前橋「アートの秘密」展にインスタレーション作品『正午』と『震える影を床に落とす』を出品する。2018年Noism2『私を泣かせてください』鳥取県文化振興財団制作『夢の破片』、衣装家ひびのこづえ×音楽家 川瀬浩介×島地保武で『FLY,FLY,FLY』、辻本知彦とのユニット「からだ」を始動し『あし』を発表。フランス国立シャイヨー劇場のレジデンスプログラム(ファブリック・シャイヨー)に日本人で初めて選ばれ滞在制作をし『Otonoe』を創作。神奈川県芸術劇場KAAT制作で映像作家さわひらきと共に舞台作品『Silts』を創作しAltneuで出演。ダンサーとして石井みどり作品『体』や森山開次作品『不思議の国のアリス』になどに出演している。新国立劇場バレエ研修所講師。


島地保武オフィシャルHP:http://www.shimaji.jp/

>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。