TOPページ > バレエジャポン・オンラインレッスン > バーレッスン:バットマン・タンジュ 5番

レッスンのよくあるつまづきを克服!バレエジャポン・オンラインレッスン

バーレッスン:バットマン・タンジュ 5番

このコーナーでは、バレエのレッスンの際につまづきがちなポイントを、実例の動画とともに解説します。日々のレッスンの向上に、子どもから大人までご参考になさってください。

バーレッスンその3 バットマン・タンジュ 5番

  • 1:1番と同様だが5番に閉める際足首だけ開いて捻れないようにする。

坂本香菜子先生プロフィール

5歳より横浜でクラシックバレエを始める。 1994年よりドイツ- Hamburg Ballet School にて学び、John Neumeier, Marianne Cruuse, Anatoli Nisnevich, Kevin Haigen に師事。 1996年に卒業し 2002年まで ドイツ- Stuttgart Ballet に在籍。 2002年~2006年 カナダ- The National Ballet of Canada に在籍。2006年~2008年 ポルトガル- National Ballet of Portugal に在籍。John Cranko, George Balanchine, William Forsythe, Mauro Bigonzetti James Kudelka, Heinz Spoerli, Hans Van Manen などの振付家の作品を踊る。 2008年帰国。フリーランスで舞台に立ちながら 海外で培った経験を活かし、国際的コネクションを活用しながら未来のダンサーの育成に力を注いでいる。

身体を「絞る」意識が大切です

足裏のエクササイズという点では1番と変わりません。しかし1番と違って5番は足を前後して閉じる為、より引き上げを意識しなければなりません。上体の引き上げに加え、脚もお腹もクロスで使うように、身体を「絞る」意識が大切です。

5番ポジションを作る際に最も危険なのは、膝を曲げた状態で足を5番に入れ、その後に膝を伸ばしてポジションを作るやり方です。また、床の摩擦を使った足先だけの無理なターンアウトも膝や足首、股関節の障害に繋がります。5番ポジションを作るときは足下からではなく、足の付け根、股関節を回すことで作りましょう。

前述のように5番ポジションは1番とは違い足が前後するため、前足と後足で筋肉の意識、使う筋肉の強さが違います。そのため内腿や臀筋はもちろん、骨盤と肋骨の関係、その間にある腹筋群、特に斜めの筋肉の使い方を覚えることが重要です。

また、重心、軸といった部分でも前後左右といった単純なものではなく、斜め前や斜め後ろといったような、より立体的な軸・重心の移動を感じながらレッスンをしていきましょう。

中谷広貴先生プロフィール

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

今回のレッスンで使用した楽曲CD


『Ballet Class Music』
作曲・演奏:シルヴァン・デュラン Sylvain Durand パリ・オペラ座専属ピアニスト


シルヴァン・デュランプロフィール
1963年パリ生まれ。ピアニスト・作曲家・即興演奏家。パリ国立高等音楽・舞踊学校を首席で卒業後、歌手フィリップ・シャテル、音楽家ジャン・ミシェル・ジャールらと共に活躍。平行してバレエ音楽の作曲を手がけ、ローラン・プティ振付「マ・パブロワ」に楽曲を提供した。長年にわたりパリ・オペラ座バレエのレッスン・ピアニストを務めており、ダンサーに多くのファンを持つ。


ご購入はこちら→Ballet Class Music


特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。