TOPページ > バレエジャポン・オンラインレッスン > バーレッスン:バットマン・フォンデュ

レッスンのよくあるつまづきを克服!バレエジャポン・オンラインレッスン

バーレッスン:バットマン・フォンデュ

このコーナーでは、バレエのレッスンの際につまづきがちなポイントを、実例の動画とともに解説します。日々のレッスンの向上に、子どもから大人までご参考になさってください。

バーレッスンその5 バットマン・フォンデュ

  • 1:プリエとクッペで両膝をしっかり開く。
  • 2:アチチュードを通り両足を同時に伸ばす。

坂本香菜子先生プロフィール

5歳より横浜でクラシックバレエを始める。 1994年よりドイツ- Hamburg Ballet School にて学び、John Neumeier, Marianne Cruuse, Anatoli Nisnevich, Kevin Haigen に師事。 1996年に卒業し 2002年まで ドイツ- Stuttgart Ballet に在籍。 2002年~2006年 カナダ- The National Ballet of Canada に在籍。2006年~2008年 ポルトガル- National Ballet of Portugal に在籍。John Cranko, George Balanchine, William Forsythe, Mauro Bigonzetti James Kudelka, Heinz Spoerli, Hans Van Manen などの振付家の作品を踊る。 2008年帰国。フリーランスで舞台に立ちながら 海外で培った経験を活かし、国際的コネクションを活用しながら未来のダンサーの育成に力を注いでいる。

片脚のプリエ、そしてターンアウトのためのエクササイズです。

両脚で支えた状態でのプリエよりも片脚で行う方がより負担が掛かります。プリエをした際に軸脚のつま先と膝の向きがあっているか、より注意が必要です。

フォンデュにおける片脚のプリエは、ピケアラベスクなどの入り、または移動後の軸脚と動脚の張りにも結びついていきます。ジュッテ、バロネなどの片脚踏切、片脚着地における身体の使い方の練習でもあります。一緒に曲げて一緒に張ることを大切にしましょう。

足を高く上げようとするあまり、動脚を内脚にして脚を上げると骨盤が傾いてしまいます。また、内脚で上げられる脚の高さには制限があり、その状態で無理に脚を上げようとすると、腰や股関節にも負担がかかります。脚を上げることよりもまずターンアウトを意識して行いましょう。

中谷広貴先生プロフィール

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

今回のレッスンで使用した楽曲CD


『Ballet Class Music』
作曲・演奏:シルヴァン・デュラン Sylvain Durand パリ・オペラ座専属ピアニスト


シルヴァン・デュランプロフィール
1963年パリ生まれ。ピアニスト・作曲家・即興演奏家。パリ国立高等音楽・舞踊学校を首席で卒業後、歌手フィリップ・シャテル、音楽家ジャン・ミシェル・ジャールらと共に活躍。平行してバレエ音楽の作曲を手がけ、ローラン・プティ振付「マ・パブロワ」に楽曲を提供した。長年にわたりパリ・オペラ座バレエのレッスン・ピアニストを務めており、ダンサーに多くのファンを持つ。


ご購入はこちら→Ballet Class Music


特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。