TOPページ > バレエと栄養 > バレリーナのためのカロリーコントロール術

バレエと栄養

体づくりの基本は、まずは栄養摂取から
バレエは、健康でなければ続けることは出来ません。 子どもから大人まで、いつまでもバレエを楽しみ、踊り続けるためにはレッスンだけではなく、日常生活におけるほんのちょっとの努力が大切です。
特に、食生活における『栄養摂取』は体をつくるうえで最も重要な要素。 体を酷使するバレリーナにとって切り離せない『栄養』を正しく理解し、美しく、しなやかで、力強いバレリーナを目指しましょう。

バレリーナのためのカロリーコントロール術

管理栄養士が教える!バレリーナのためのカロリーコントロール術

バレエを愛するみなさんの中には、体型維持のために普段のカロリー摂取に気を使っている方も多いのではないでしょうか? このコーナーでは、バレリーナのためのカロリーコントロール術をご紹介します。

部位別でもこんなに違う! 油脂の含有量

同じ食材でも、部位や調理法によって油脂の含有量は大きく変わります。
部位や調理法に注意して、カロリーコントロールを心がけましょう。

●例えば…お肉の部位別脂肪量

豚肉100gを部位別で比較すると以下の表のようになります。

表:豚肉100gあたりの部位別比較
表:豚肉100gあたりの部位別比較

同じ豚肉100gでもヒレ肉とばら肉では脂肪量が約30gの違いがあり、これはエネルギーにすると約250kcalの差があります。

食材の選び方や調理法に気をつけて上手にカロリーコントロールをしましょう。

●調理法によるカロリー量の違い

調理法には大きく分けて「焼く」「煮る」「蒸す」「炒める」「揚げる」の5つあります。

この5つの調理法の中で油を使う調理法が「焼く」「炒める」「揚げる」の3つです。

油を使う調理法でのカロリーコントロールのポイント

野菜摂取の際の意外な盲点!? 調味料にもご注意を!

食生活を見直し、野菜を増や したのに思うように軽くならない…。こんなお悩み、ありませんか?

野菜を増やす際の注意点は「ドレッシング」です。

野菜を増やせば増やすほど、ドレッシングの量も比例して増えていくものですが、ドレッシングの中には脂質の量が多いものやカロリーの高いものが多いので、しっかりと見極めることがポイントです。

主な調味料のエネルギー量は以下のとおりです。

レモンやハーブ、香辛料などの香りや酸味をつけて味を楽しむことが、ドレッシングやソースを減らすポイントとなります!!

カロリーオフのための、 毎日の食習慣のコツ

 

 

★こちらもオススメ!

1本 16.1kcalのバレエジュレなら、重くなりすぎずレッスン前にも最適!

Profile
管理栄養士:磯村優貴恵 プロフィール

2011〜2016年モンドセレクション最高金賞受賞、品質管理チーム・リーダー、ダイエット専門のサロンにて個別栄養指導、特定保健指導にて栄養指導(半年間で約100名)、横浜ユナイテッドFCへ栄養情報提供、niftydietコラム監修などを行う。

バレエと栄養人気記事ランキング

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。