TOPページ > インタビュー > 全幕で踊っていると、舞台の上で気持ちが動く

インタビュー

新国立劇場バレエ団プリンシパル 米沢唯さん

全幕で踊っていると、舞台の上で気持ちが動く

国内外の数々のコンクールで入賞し、プロとしてのキャリアをアメリカでスタートさせた米沢唯さん。2010年に新国立劇場バレエ団にソリストとして入団すると、翌年には早くも主役に抜擢されました。その後も着実にキャリアを重ね、初演には群舞として出演した『ペンギン・カフェ』で、今年は主要な役どころを踊ります。バレエを始めた頃のことから、コンクールの思い出、プロとしての決意まで、たっぷりと話していただきました。

新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト 米沢 唯さん

――昨年の『白鳥の湖』のオディールや、6月の『ドン・キホーテ』のキトリのヴァリエーションはコンクールでも踊られていますが、やはり全幕だと違うものですか?

全然違いますね。全幕で踊っていると、舞台の上で気持ちが動くという不思議な感覚が味わえるんです。怖かったりうれしかったり悲しかったりっていう感情が、リアルに湧いてくる。舞台ってすごいなあと思います。
舞台に上がる前は本当に緊張して、未だに毎回逃げたくなるんですが(笑)、立ってしまえばほかではできない経験ができるから、続けているのかもしれません。

新国立劇場バレエ団ファースト・ソリスト 米沢 唯さん

――現在は、『ペンギン・カフェ2013』のリハーサルの真っ最中だそうですね。

バランシン振付の“ザ・クラシック!”という感じの『シンフォニー・イン・C』、ビントレーさんの無機質感漂う新作コンテンポラリー『E=mc』、そして着ぐるみが可愛くてスタイリッシュな『ペンギン・カフェ』と、タイプの違う3作品を同じダンサーが踊る、とても面白いプログラムです。
『シンフォニー~』は前回も出ていたのでビデオを見返したら、野ウサギみたいに田舎っぽくて(笑)。メイクをいろんな先生方に直されたのもいい思い出です(笑)。今回はもうちょっとちゃんとした“クラシック・バレエ”をお見せできればと。『ペンギン・カフェ』は、聞くところによると被り物がクセモノらしいんですよ。前が見えなくなるみたいなので、目をつぶって練習しようかな(笑)。

クラシックにはクラシックの、コンテにはコンテの難しさがあって、踊りやすい役というのは一つもありません。だからこそ、練習しかない。これからも現状に満足することなく、上を目指し続けていきたいですね。

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。