TOPページ > インタビュー > 踊りだけより、“お話の中”で演じて踊ることが好きだった

インタビュー

新国立劇場バレエ団プリンシパル 小野絢子さん

2007年に新国立劇場バレエ団にソリストとして入団、その直後にデヴィッド・ビントレー振付『アラジン』の主役に抜擢され、一躍注目を浴びた 小野絢子さん。その後も『白鳥の湖』、『シンデレラ』、『ロメオとジュリエット』などの大役を次々と踊り、その才能を見事に開花させている若きバ レリーナです。2011年にはプリンシパルに昇格、と華々しいキャリアを歩んでいる小野さんに、ご自身とバレエとの関わり、その魅力についてお話 をうかがいました。

──いかに音楽的に踊るか、という点も大事にされていますね。

音楽通りに踊らないとテクニックが追いつかない、という気持ちがあります。
運動神経が悪い分、音楽を最大限に使わないと踊れない……。運動神経が悪くてかえってよかったのかもしれません(笑)。

──子どもの頃のお話に戻りますが、一番楽しかったバレエの思い出は?

それはもう全部楽しかったです!とくに楽しかったのは、やはり舞台に立ったこと。
私が通っていたのは、小林紀子バレエシアターというバレエ団の付属のお教室でしたので、小学校の高学年になると子役で舞台に出られるんです。私は踊りだけより、“お話の中”で演じて踊ることが好きだったので、『くるみ割り人形』のクララのお友達の役をやらせてもらったのはとくに楽しかったですね。
小さい頃からバレエ団の舞台はずっと観ていたので、 バレエといえば、例えば発表会で踊られるパ・ド・ドゥだけではなくて、お話のある作品があるんだということを、小さい頃からわかっていたんです。

──では、これまで踊った作品の中でとくに印象的なものは?

まずは、『ロメオとジュリエット』(ケネス・マクミラン振付)。
初めて観るバレエなら、私は『ロメオとジュリエット』のようなドラマティックな作品をおすすめしたいんです。
たしかに、最初に観るなら、と『白鳥の湖』を選ばれる方は多いと思いますが、より演劇性の高い作品のほうが最初は楽 しめるのではないかと思うんです。とくに小さなお子さんは素直なので、舞台上の演技が素晴らしければ、大人よりもずっと作品に入り込んで楽しむこ とができると思います。例えば、私が新国立劇場で初めて主役を踊った『アラジン』(デヴィッド・ビントレー振付)なども、とても楽しいバレエですよ。

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
prom_bnr
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

特集

教室掲載

カルシウムグラノーラ

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。