TOPページ > インタビュー > 進路を考える時期、自分自身との対話

インタビュー

新国立劇場バレエ団プリンシパル 小野絢子さん

2007年に新国立劇場バレエ団にソリストとして入団、その直後にデヴィッド・ビントレー振付『アラジン』の主役に抜擢され、一躍注目を浴びた 小野絢子さん。その後も『白鳥の湖』、『シンデレラ』、『ロメオとジュリエット』などの大役を次々と踊り、その才能を見事に開花させている若きバ レリーナです。2011年にはプリンシパルに昇格、と華々しいキャリアを歩んでいる小野さんに、ご自身とバレエとの関わり、その魅力についてお話 をうかがいました。

──バレエは小さい頃から本格的なレッスンを受けていないとプロになれない、という先入観があります。

私はもうちょっと自由奔放、でした。きっとそれが良かったんです。小学生の頃から厳しいレッスンを受けていたら、楽しいと思う前に嫌いになっていたかもしれません。

──プロのダンサーになりたいという思いはいつ頃から芽生えたのですか?

高校生になると、より本格的なお稽古が始まり、週に4、5回のペースでお教室に通うようになります。
同時に、学校のほうでも進路を考えなければならない時期にさしかかってくる。
そうなったとき、私は2カ月間きっぱりとバレエをお休みして、自分は何をやりたいのか、よく考えてみたんです。
それまで、将来についての明確なビジョンを何も持っていなかったので、一度バレエから離れ、本当にバレエをやっていく覚悟があるのかどうか、自分 自身と話をしたかったのです。
その結果、やっぱりバレエをやりたい!と。そこから、より真剣にバレエに取り組むことになったのです。

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。