TOPページ > インタビュー > プロになろうと決意したとき

インタビュー

新国立劇場バレエ団プリンシパル 小野絢子さん

2007年に新国立劇場バレエ団にソリストとして入団、その直後にデヴィッド・ビントレー振付『アラジン』の主役に抜擢され、一躍注目を浴びた 小野絢子さん。その後も『白鳥の湖』、『シンデレラ』、『ロメオとジュリエット』などの大役を次々と踊り、その才能を見事に開花させている若きバ レリーナです。2011年にはプリンシパルに昇格、と華々しいキャリアを歩んでいる小野さんに、ご自身とバレエとの関わり、その魅力についてお話をうかがいました。

──では、子どもの頃からずっと、心からバレエを楽しんで続けられたのですね。

実は私、運動能力も体力もないほうで、テクニックもあまり強くない……(笑)。
踊るのが好きなだけで漠然と続けていたのですが、言ってしまえば、体力のいる基礎レッスンはそんなに好きではなくて、楽しいとは思えなかったんです。
ただ、お教室の先生が“基礎が重要”という意識をもって ずっと教えてくださっていたので、私もその意識は自然と身に付きました。
プロになろうと決意したとき、ああ、ちゃんと基礎を教えてきてもらって、 凄くよかったんだ!と気づきました。

──バレエでは、基本的な体力も求められると思うのですが。

まず学校の体育が嫌いでしたし、バレエのお教室でも“中の下”(笑)。それに、軽度の肥満でもあった!
全然気にしていなかったんですね……。 太っていたほうで、どちらかというと日舞のほうがサマになっていた。
ただし、中学生くらいになると、どちらもお稽古が本格的になってきて、そろそろどちらかを選ばなければ、となったときに、なぜバレエを選んだのか……。そうですね、例えば、バレエのほうがお友達がたくさんいて、踊りも独りでではなく、みんなと一緒。それが楽しかったんですね。

意識調査

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。