TOPページ > 指導者インタビュー > 川口ゆり子バレエスクール校長 今村博明さん・川口ゆり子さん

指導者インタビュー

川口ゆり子バレエスクール校長 今村博明さん・川口ゆり子さん

今村博明さん・川口ゆり子さん

東京都八王子市にスタジオを構えて40年以上になる、川口ゆり子バレエスクール。毎年夏に清里で野外バレエ公演を行うなど、国内有数のバレエ団として確固たる地位を築いているバレエ・シャンブルウエストの母体でもあるこのスクールでは、日本バレエ界の歴史とともに歩んできた二人の校長、今村博明先生と川口ゆり子先生が、今でも直接指導にあたっています。「全幕を踊れるアーティストを育てたい」と語る両先生に、コンクールの意義や体調管理について聞きました。

──はじめに、バレエスクール開校の経緯を教えていただけますか?

川口:私が小さい頃の八王子は、現代舞踊は盛んだったのですが、クラシックバレエのお教室というとあまりなかったんですね。小学校3年生で初めて東京の橘バレエ学校にレッスンに行った時、膝を曲げることを「プリエ」と言うことすら知らなかった私はカルチャーショックを受けて…。それで八王子にも本格的なバレエ教室をと思って、橘バレエ学校の分校のような形でスタートしたのが始まりです。10年くらい経った時に今の名前になって、以来今村と二人で校長をしています。

今村:今でも二人とも、毎日レッスンを見ていますよ。主に担当しているのは小学校5年生以上ですが、発表会やコンクールが近くなると全員見ます。

今村博明さん
川口ゆり子バレエスクール校長 今村博明さん

──2012年からは、「全国バレエコンクールin八王子」を主催されています。

川口:きっかけは、オリンパスホールという素晴らしい劇場ができたことです。コンクールというと、メイクや着替えを廊下でやることも多いですが、あそこなら、楽屋の使い方といった舞台裏でのマナーも身につけてもらえるのではないかと思って。もちろん、広い劇場で踊れるのもいい勉強です。

今村:ですからこのコンクールでは、メイクや着替えを楽屋以外の場所でやるのは禁止。本選の前には、舞台上でウォームアップのクラスも行います。コンクールというより、一つの舞台経験というふうに受け取っていただけたら嬉しいですね。おまけに、上位に入ると清里の公演で踊れるというご褒美もついてきます(笑)。

──いい結果を残すことだけが目的ではない、ということですね。

今村:もちろんどのコンクールもそうだと思いますけどね。1位をとることを目標にするのではなく、最終的には良いアーティストになるために、コンクールで勉強したことが役に立てばいいんじゃないでしょうか。

川口:バレエをやるからには、全幕で物語を踊れるようになってほしいというのが私たちの願い。でもコンクールに出ると、みんな本当に上手になりますからね。時間をかけて一つのヴァリエーションに取り組むことが、いい勉強になることは間違いないと思います。

──コンクールに出る条件として、そういった心構えができているかどうかも見極められるのですか?

今村:条件は、何年以上習っていて週に何クラス以上出ている、ということだけ。レッスンをきちんと受けてさえいれば、心構えは自然に身につくものだと思うんですよ。正しいポジションが決まっていて、そこに向かって繰り返し訓練するのがクラシックバレエですから。

川口:教室に来ていきなりトウシューズをはいても、ヴァリエーションは踊れないのがバレエ。コンクール・レッスンでも発表会当日でも、どんな時もまずはバー・レッスンです。子どもはバーは好きではないですけれど(笑)、振付を踊りたいのは分かるけどね、って言いながらバーにつかせています。

今川口ゆり子さん
レッスン・指導にあたる、卒業生の吉本真由美さん

──コンクールのレッスンでは、役作りのご指導もされるのですか?

今村:子どものうちから役作りなんて、とんでもない(笑)。役というのは、プロになって全幕を踊る時に初めて表現できるものですよ。役の雰囲気を持って踊るよう指導はしますが、まずはステップ。私たちの大きな目標は全幕を踊れるダンサーを育てることですが、それには基礎を積み上げるしか道はありません。幼稚園の頃からずっとうちで習ってきて、今バレエ団で踊っている吉本真由美や橋本尚美なんかも指導にあたっていますから、彼女たちがいい道しるべになってくれていると思います。

川口:団員たちは、体調管理の面でもアドバイスしてあげているみたいですね。ケガを経験している子も多いので、予防やケアにいい食生活とか、ピラティスなどのトレーニングを紹介してあげたりと、いろいろと助けてくれています。

──先生方から生徒さんに直接、体調管理面でのアドバイスをすることは?

川口:私は若い頃、ところてんしか食べないような無理なダイエットをして体を壊したこともあるので、年頃の子たちに「やりすぎには気を付けて」とは言っています。それと、体を冷やさないことは大事ですね。私自身、夏場でもいつも厚着をしています。

今村:今は情報がたくさんありますから、みんな私たちよりもよく研究していますよ。サプリメントやトレーニングなんかもいろいろ取り入れているようですが、付け焼刃の知識で手を出さないでほしいなとは思いますね。口に入れるものであれば、安全性をきちんと確かめて。マッサージや鍼は、バレエのことをよく知っている方にやってもらうのがいいと思います。あとは何事も、あまりストイックになりすぎないでほしいですね。私自身、膝のケガから復帰するために、3カ月間動物性の食物を一切とらなかった時期があるのですが、公演に出るためだと思って楽しみながらやっていました。その点「バレエティー ライモンダ」は、色がきれいなところがいい。優雅な気持ちになれるので気に入っています(笑)。

川口ゆり子さん
川口ゆり子バレエスクール校長 川口ゆり子さん

──コンクール本番で、思うような結果が出なかった生徒さんにはどんなケアを?

今村:ケアは、しない(笑)。人と比較するから落ち込むのであって、自分とバレエだけを見ていれば、ケアなんて必要ないんですよ。あなたが下手なんじゃなくて、周りの人が上手だったのでしょう、ということです。ケアが必要なのはむしろ、上位に入った子かもしれないですね。調子にのるんじゃないよ、ほかの子が下手だっただけなんだからって(笑)。

川口:今村先生は厳しいの(笑)。私は、予選で落ちた子には「あなたなりにはよく踊れていたわよ」とか「今の力は十分出せたわよ」、1位をとった子には「良かったね」って言ってあげます。…時々、「運も良かったしね」とも言いますけれど(笑)。天狗になっちゃうことが一番心配なんです。コンクールを良いきっかけにして活躍できているのはやはり、バレエが好きという純粋な気持ちを持ち続けている子ですから。

──最後に、コンクールを通して、あるいはバレエを通して生徒さんに身につけてほしいことを教えてください。

今村:豊かな人間性ですね。ダンサーにならなかったとしても、バレエを通して勉強したことを心の栄養にして、人を包み込んであげる温かさを持った素敵な大人になってほしい。先生や周りの人との交流を大事に、日々のレッスンを有意義に過ごしてほしいと思います。

川口:バレエを通じて、気遣いや心遣いを身につけて、人間性を高めていってもらいたいですね。幸いうちの卒業生たちは、違う世界にいっても明るく元気にやっているみたい。そういう姿を見ると、少しは伝わっているのかなと、嬉しくなるんですよ。

指導者インタビュー一覧へ戻る

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

今村博明さんプロフィール
井形久仁子バレエ研究所でバレエを始める。1969年より江川明に師事。1974年、日本バレエ協会『コッペリア』で主役デビューを果たす。1976年より2年間、文化庁派遣芸術家在外研修員としてロイヤル・バレエ・スクールに留学。帰国後、牧阿佐美バレエ団に入団し、内外の数多くの作品に主演、日本を代表するプリンシパルダンサーとしての地位を築く。1989年、バレエ・シャンブルウエストを設立。橘秋子優秀賞、同特別賞など受賞多数。

川口ゆり子さんプロフィール
橘バレエ学校を卒業後、牧阿佐美バレエ団に入団。橘秋子、牧阿佐美に師事。1964年、橘秋子振付の『運命』の主役でデビュー。ニューヨーク留学を経て、牧阿佐美バレエ団のすべての作品で主役を踊る傍ら、海外のバレエ団公演にも数多く客演し、日本を代表するプリマバレリーナとして活躍する。1989年、バレエ・シャンブルウエストを設立。芸術選奨文部大臣新人賞、橘秋子賞、服部千恵子賞、紫綬褒章など、受賞・受章多数。

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。