TOPページ > BALLOGS > かわいいバレエ衣装専門店Chutti > パキータを踊るポイントは?!

「バレエ」専門ブログマガジン『BALLOGS(バログス)』

「オーロラシャンプー」今なら期間限定キャンペーン中!

パキータを踊るポイントは?!

パキータを踊るポイントは?!

んにちは、Chuttiです。

t02200277_0421053013680218958


今日は、コンクールでも人気の高いパキータについて
物語をおさらいしてみます。

ジプシーの娘パキータとフランス将校の恋の物語『パキータ』

1846年にパリで演じられたのが最初で、
オペラ座が復活させたという演目。

『パキータ』のあらすじ

舞台はフランス統治下のスペイン。
フランス人将校のリュシアンはジプシーの娘パキータに一目惚れします。
一緒にフランスへ行こうと誘いますがパキータは身分違いを理由に断ります。

パキータに思いを寄せるイニゴとフランス軍を憎む
知事のドン・ロペスはリュシアン殺害を企みますが、
リュシアンはパキータの機転で難を逃れます。

その後パキータは肌身離さず持っていたロケット
の中の肖像画がリュシアンの伯父を描いたもので、
二人はいとこ同士だということが判明。

パキータの血筋が明らかになりもう身分を気にする
必要はなくなってめでたく結ばれる、というストーリーです。

【パキータエトワールはパキータの結婚の喜びと複雑な気持ちがポイント】

エトワールとはフランス語で「星」という意味の言葉。
パリオペラ座でのプリンシパルの呼び名です。

『パキータ」のエトワールのバリエーションは
パキータとリュシアンの結婚を祝う舞踏会で、
パキータの結婚の喜びを表すソロの踊りです。

ただ好きな人と結婚できる、というよりもこれまでの
境遇なども踏まえてパキータの喜びを考えてみましょう。

貴族の血筋だったにも関わらずジプシーとして暮らして
きたのですから、ようやく本当の自分に戻れる喜びと
好きになった男性と結ばれる喜びを素直に表したいですね。

とはいえ、ジプシーとして育ってきた面もあるので、
生粋のお姫様とは少し違う表情作りなどがポイントになるでしょう。

【ハッピーエンドを祝う美しい衣装】

結婚の喜びにパキータのちょっと控えめさも合わせて
表現したいときにはホワイトベースの品のある衣装もいいですし、
ジプシーの情熱を表すなら深紅の衣装も素敵です。

t02200205_0540050413680186836

t02200229_0484050413680186835

長袖を付けたり、お好きな飾りのアレンジもできます↓

t02200246_0239026713680187942

>この記事を著者のブログで読む
>著者プロフィール情報はこちら
>「Ballogs」注目の記事を、メルマガ or facebookでも配信中!
>ダンサーのためのコンディショニング製品はこちら

バレエジャポンオススメコンテンツ

カルシウムグラノーラ無料サンプルプレゼント中!
バレエジュレ無料サンプルプレゼント中!
いいね!を押してバレエDVDをもらおう!

Ballogs内検索

特集

バレエスムージー

清里フィールドバレエをバレエジャポングッズで応援!

オールジャパンバレエユニオンコンクールを応援!

プロダンサーインタビュー

  • 青山季可さん
  • イザベル・シアラヴォラさん
  • 小野絢子さん
  • 小出領子さん
  • 坂本麻実さん
  • 坂本香菜子さん
  • 那須野圭右さん
  • 西島千博さん
  • 西村真由美さん
  • メアリー・ヘレン・バウアーズさん
  • 本島美和さん
  • 米沢唯さん

パリ・オペラ座エトワールイザベル・シアラヴォラ さんから国内バレエ団の現役プリンシパルまでイン タビュー多数掲載中

  • バレエジャポンを友だち追加
  • バレエジャポンをいいね!
  • バレエジャポンをtwitteでフォロー!

「バレエジャポン®」は(株)シーズの登録商標です。